*

スポーツメンタルとトレードメンタルの違いとは…

      2017/04/17

メンタルトレーニングというと

スポーツのそれが一般的には

有名かと思われます。

 

残念ながら…

FXのトレードにスポーツ向けの

メンタルトレーニングの

手法や考え方を持ち込むと

ほとんどの場合

痛い目を見ることになります。

 

確かに、スポーツもFXも

メンタルが重要なのですが

高いパフォーマンスを発揮するために

求められる心理的要因が

スポーツとトレードでは

そもそも真逆になることが多いのです。

 

野球やテニスで

ギリギリの取れるか取れないかという

ボールが飛んで来たらどうするか…。

 

野球なら果敢にダイビングキャッチ!

テニスなら走って追いかけて

思い切り手を伸ばして

何とか拾おうとするのが

当たり前のプレーです。

 

しかし

トレードで求められるメンタルは

 

野球で言うなら

ギリギリのボールが飛んで来たら

取れる可能性とダイビングで怪我をする危険性を

天秤にかけて

怪我のリスクを避けるために、ボールを見送る…

 

テニスで言うなら

届くか届かないかわからない

ラインギリギリのボールを追いかけて

体力を消耗するのはもったいないので

拾えそうにないボールはスルーする。

 

もっと言うと

鍛錬すべきはギリギリのボールに

追いつける脚力、体力、精神力ではなく

相手が打った瞬間に

外れるかどうかを見極める選球眼です。

 

FXのトレードを

野球やテニスでたとえたような

こういった感覚でできるようになると

自然と利益も増えていくようになります。

 

もちろん、結果が担保されている

ルールがあってのことですが…。

 

この話にピンと来た方や

ピンと来なくても何だか気になる方は

心理トレーニングでトレードが向上する

可能性がありますので

 

初回カウンセリング(90分/1万円)で

お待ちしています( `ー´)ノ

 

 - トレード心理学