*

トレード中の思考・感情・行動に気づいておく

      2017/04/17

トレードをしていたら
大損するのは当たり前。

特に初心者の時は
誰でも大損しますし

ある程度経験を積んでからでも
油断してたら大損します。

大損はあってしかるべしなので
大損するのが恥ではありません。

ただし
大損から学ばない人は
トレードをする資格がありません。

素人レベルのギャンブラーです。

山根は今では
トレード中に自分が
どのような状態にあるか

どのような身体反応が出ているか
どのような感情を感じているか
どのような感情を見ないようにしているか

こういったことに
細かく気づけるようになっています。

マインドフルネスが
最近、注目を集めていますが

トレード中に
自分の状態を知ることができるようになれば
おのずとトレードがうまくいくようになります。

良いものも悪いものも
自分のクセが
わかるようになるからです。

成功したトレードで
自分がどういう
思考・感情・行動だったか。

失敗したトレードで
自分が何を考えて(思考)
自分が何を感じて(感情)
自分が何をしたか(行動)

これらを詳細に記録して
自己改革に結びつけるのが
勝ち続けるトレーダーへの
近道なのです。

 

一攫千金を目指すのではなく
月利10%くらいで元手10万円を
5年かけて1億円に増やせる
メンタルを身につけましょう。

初回カウンセリング(90分、5000円)

 - ストレスクリア, トレード心理学