*

人生がオワタ…と思った夜の話

      2017/04/17

人生が終わった(…と思った夜)の話

トレードメンタルコーチの会員さんに
山根の過去の失敗話をすると
結構、喜ばれる人が多いので
今日は、少しその話を。

 

その日は、
トレードを本格的に
初めて半年くらいが過ぎた
ある秋の一日でした。

 

お盆明け前くらいから始まった
下落トレンドがずっと続いていて
いつまで続くんだろうと思いつつ

逆張りは
卒業していたので
もうしなかったのですが
そのままトレンドについていくのも
反転が怖くて、すぐに利確してしまう。

 

でも、まだトレンドが続いて
持っていれば良かった…と思ってしまう。

 

そこでエントリーすると
戻り始めてビビる
でも、持っていると落ちてくる。
でも、落ちてくるとまた反転するのが
こわくて、早利食いをしてしまう…。

 

みたいなことを繰り返して
大きな損失は出していなかったのですが
特別利益がでているわけでもなく。

 

その日も、午前中にポンド円の売りで入って
しばらくレンジで、午後イチくらいに少し
落ち始めたところで、50~60ピプスくらいで
早利食いして、

今でも忘れていないのですが
食器戸棚の整理をして
相場から目を離した小一時間後

 

今まで見たこともないような長い大陰線!!

 

たった1時間で数百ピプスも下落している!!

しかも、見ているとどんどん落ちていく…。

 

当時の僕は、相場の仕組みがまだ
よくわかっていなかったので
とりあえず、落ちている最中に飛び乗り
一気に100ピプスくらいの含み益!!

 

それが、ものの15分、20分後に反転して
マイナス60ピプス!!

でも、なんか落ちそうだったからナンピン!!

そしたら、あっという間に落ちてきて
含み益200ピプス超!!

みたいなラリーを繰り返してたら

30分くらいで20万円くらいの
利益が出てしまいました。

僕は感慨にふけりました。

これでおれもついに
トレーダーとしてやっていける…

しばし、外を散歩して
頭を冷やそうと思っても
興奮冷めやらず。

お金が欲しくてたまらなくなった僕は
今がチャンスだと思い込んで
10分程度で散歩を切り上げて
再びモニターの前に座ります。

ひょっとしたら
こんな値動きだったら
1日で100万円くらい稼げるのでは…

そんな妄想で頭がいっぱいになったぼくは
調子にのって
落ちている最中のローソク足に飛び乗りました。

もう、戻りなんて待ってられるか。

ガンガンいってやれ~!!

僕は、30分で稼いだ20万円の
2倍以上の金額をその日のうちに失い
10倍近くの金額を
わずか数日で失いました。。。

これがかの有名な

リーマンショックの日の出来事です。

 - お金の心理学, サインツールで勝てるメンタル, トレード心理学