*

大きな時間足で相場の流れを把握すると、FXで勝ちやすくなります

      2017/04/17

大きな時間足で

相場の大きな流れを知るのは

大切なことです。

 

短期足ベースでトレードしている

会員さんの記録を見せてもらうと

失敗しているときは

だいたい、大きな流れに反した方向に

エントリーしています。

 

また、僕がやっているスイングトレードだと

最近のように日足レベルでレンジが続いていると

一時的に動いても、大きな流れにつながることは

難しい相場になります。

 

それがわかっていると

無理に大きな利益を狙わずに

そこそこで利確したり

少し含み益が出たら

早めに損切ラインを

建値に置くなどと

応用判断が可能になります。
大きな利益を狙うためには

ある程度のボラティリティが必要ですが

一度小さくなったボラティリティが

また大きくなるためには

日足や週足レベルの

重要なポイントを抜けてくる

必要があります。

 

ということは、

逆を言えばそれまでは

ボラティリティの大きな変化は

可能性が少ないと判断できます。

 

たとえ短期足でトレードするにしても

4時間足や日足などの大きな時間足を見て

細かく方針を変えていくと

勝率や利益率が向上するので

これまで大きな時間足を見てこなかった人は

大きな時間足での相場環境把握を

毎日の習慣にするといいですよ。

 - トレード心理学