*

無意識で気付いていないネガティブが、トレードを阻害する

      2017/04/17

株やFXのトレードでお金を儲けたい。

お金持ちになりたい。

普通では稼げないくらいの

大きな金額のお金を稼ぎたい。

 

そういう夢を見て

多くの人がトレードを始めます。

 

しかし、ほとんとの人が稼げないまま

相場の世界から去っていきます。

 

なぜか。

 

理由は心理学的に見るだけでもいろいろあります。

お金と負の感情が結びついている。

お金と嫌な記憶が結びついてる。

 

…といったトラウマ反応的な原因も

よく心理セッションで扱うテーマなのですが

それ以前に

 

意外と盲点になっているのが

「実際にお金持ちになった時のデメリット」です。

 

お金持ちになってデメリットなんかあるはずがない。

普通はそう思うはず。

 

でも、何年もトレードしているのに

お金持ちになれていない。

 

その現実に、重大なヒントが隠されています。

 

お金持ちになるためにトレードしているのに

お金持ちになれていない人は

意識ではお金持ちになりたくても

無意識では「お金持ちになったら困る」と

思っているのです。

 

心理療法では

「クライアントの現実がすべての答え」

という見方をします。

 

あなたの目の前の現実は

あなたが望んでいるから

その現実になっているのです。

 

意識で望んでいないとしたら

それは無意識で望んでいて

自分では気が付いていないか

本当は気づいているのに

見ないようにしているだけか。

 

いずれにせよ

自分で自分に隠している

ネガティブ(デメリット)があるから

現実が変わらないのです。

 

心と身体を落ち着けて

少し自分に問いかけてみましょう。

 

「もし、お金持ちになったら

どんな困ることがありますか?」

 

まずはそこに光を当てることで

何かが変わり始めるかもしれません。

 - お金の心理学, トレード心理学