*

相場を舐めると手痛いお返しが来る

   

相場はプロと1年生が同じコートで戦う場

 

FXトレードを始めて、1~2年もたってないのに

簡単に、早く、大きく稼ぎたい…とか

失った金額を早く取り戻したい…とか。

 

山根もかつてはそうだったので

気持ちはよくわかるのですが

そもそもこういう発想になること自体が

相場のことをよくわかっていない…と

今なら、あの頃の自分にアドバイスできます。

 

相場は、この道10年~数十年のプロと

今日始めたばかりの素人が

いきなり同じリングで戦うような

現実世界ではあり得ない危険な場所、

ボクシングならリング、

テニスならコート、

野球ならグラウンド

サッカーならピッチです。

 

歴戦のプロフェッショナルがしのぎを削っている

戦場で、なぜ初めて数年の素人が勝てると

勘違いしてしまうのか…。

 

それは

トレードに参加するのに

免許も試験も資格も

何も必要としていないから。

 

お金さえ証券会社に預ければ

大人なら誰でもトレードに参加できます。

 

この参入障壁の低さがなぜか

「自分も戦っていい」とか「自分も勝てる」という

ご都合主義に翻訳されて

世界中で大量の悲劇を招く原因になっているのです。

 

誰でもできる = 誰でも勝てる

 

…では、絶対にないので(笑)

ご自身が何かどこかで勘違いしていないか

今一度、心の声に耳を傾けてみるといいですね。

 - トレード心理学