*

【超重要保存記事】なぜ新年の目標の96%は達成できないのか。『アクセル&ブレーキの法則』

   

 

2019年が始まって2週間ほど過ぎましたけど、みなさん新年の目標はたてましたか?

 

そして、早くも挫折してませんか(笑)?

もしくは、そろそろ挫けそうな気配が漂ってませんか?

あるいは、すでに目標を忘れてしまっていた勇者もいるかもしれませんw

 

人間、何かしらの事に当たるとき、「こうなりたい」「こうしたい」「こうする」「ああする」みたいな、目標やゴールイメージを頭の中に描きます。

それが何でもスムーズにいけば人生楽ゲーなのですが、何でもかんでも実現するわけではありません。

でも、この心の法則を知ってしまうと、なんでも実現してしまいます。

言ってること怪しくなってますけど、ホントです(笑)。

どのような心の法則かというと、意識では「こうなりたい」と思っているのに、現実が伴わない時、うまくいかない時、

 

心の中では必ず

『アクセル&ブレーキの法則』

が働いています。

 

人間なら誰でも、何かうまくいかないこと、思い通りに進まないことがある時、心の中に

 

「同じ目的に対して真逆の行動」

 

をとろうとしている自分がいるのです。

 

もうこれは間違いなく、絶対にいます。

ヤマネがこれまで1000件以上のカウンセリングやメンタルトレーニングを提供してきた経験から、もう断言できます。

 

一昨年くらいは「ほんとかな……」と思ってたんですけど

昨年くらいから「やっぱりそうかも……」と思い始めて

今年はもう「絶対そう!!!!」と断言できます(笑)

 

たとえば、「トレードで勝ちたい(トータルで利益が出せる)」と思っているけど「トレードで勝てない(トータルで損失続き)」という状態。

これは心理学的に見ると、

頭(意識)では「トレードで勝った方がいい」と思ってるけど、

心(無意識)では「トレードで勝てない方がいい」と思っている状態。

 

そして、この両方にメリットとデメリットが存在します。

トレードで勝つ(というゴールの)メリット(+)とデメリット(-)

トレードで勝てない(という現実)のメリット(+)とデメリット(-)

 

こう言うと、ゴールの(-)と現実の(+)に対しては、「そんなのないよ?」という反応が返ってくるのですが、必ずあります(笑)

この2つが無意識の中でブレーキになっているから、物事が思い通りにいかない、前に進まないのです。

 

たとえば、実際のセッションでも数多く扱った事例ですが、

 

「トレードで勝つ」メリットが、たくさんお金を稼いで奥さんを喜ばせたい。

 

その一方で、

 

「トレードで勝てない」メリットが、トレードで損失を出して落ち込むことで奥さんから慰めてもらいたい(だいたい、現実のメリットの方は、情けなかったり恥ずかしかったりすることになります)。

 

というメリットを、実は潜在的に感じている。

 

ここで、世間一般の考え方だと、トレードで勝つメリットとトレードで勝てないメリットの「どちらもメリットの方が大きいか、強いか」みたいな二項対立思考に入っていくのですが、それはまったく意味がありません。

 

言い方変えると、関係ない。

 

どっちが大きいか、強いかで自分が動いているわけではありません。

 

大事なのは、

 

トレードで勝つメリットである
「奥さんに喜んでもらいたい」

 

 

トレードで勝たないメリットである
「奥さんに慰めてもらいたい」

 

というのが、

 

実は、「同じ目的を持っている」ということに、気がつかなければならない。

1ミリもたがわず、まったく同じ目的のもとに、真逆の行動が起こっているのです。

 

たとえば、このケースで「あるある」の答えだと

 

「奥さんに関心を持ってもらいたい」

 

みたいな。

 

ここで、あなたは、自分は「トレードで勝つ、勝たない」は関係なくて、そもそもの目的が……

 

奥さんに関心を持ってもらいたいんだ!!!!

 

ということを、頭と身体で自覚する必要があります。

そして、もっと、大事なのは、

あなたが頭で自覚しなくても、あなたが本当に望んでいることを、あなたは実は「知っている」ということ。

 

自分の中にいる自分(無意識の自分)は、常にあなたが望んでいることを実現させてあげようとしています。

あなた自身を幸せにしようと、毎日、いつも、24時間、頑張ってくれているのです。

このケースの場合も、「奥さんに関心を持ってもらいたい!!」と望んでいる自分の願望を、なんとか実現させようとしてくれているのです。

 

ただ、自分が奥さんに関心を持ってもらうためには、「もっとたくさんお金を稼げば、奥さんに関心を持ってもらえるんじゃないか?」

 

だから、トレードで勝った方がいい!

 

と思っているあなたの中にいる「自分Aくん」と、

 

「奥さんに慰めてもらえる状況になれば、奥さんに関心を持ってもらえるのではないか?」

だから、トレードでは勝たない方がいい!

 

と、考えている「自分Bくん」があなたの中にいる。

 

それだけの話。

 

AくんもBくんも、目標の達成方法が違うだけで、「目指している目的」は同じなのです(この場合だと「奥さんに関心を持ってもらいたい」)。

 

ただ、その「目的」に向かって、

トレードで勝って、奥さんに喜んでもらって、奥さんに関心を持ってもらおうとしている「自分Aくん」と

 

トレードで負けて、奥さんに慰めてもらって、奥さんに関心を持ってもらおうとしている「自分Bくん」が、同時に自分のなかにいて、

 

お互い頑張って異なる方法で、目的を達成しようとしてくれているので、

 

どちらをやっていいのかわからなくなっている、『心理的自己矛盾』の状態に陥っているというだけなのです。

 

だから、同じ目的に向かって、アクセルとブレーキを両方踏むかのように、自分の中で真逆の行動をとろうとして、前にも後ろにも進まなくて硬直してしまう。

 

これが「アクセルとブレーキの法則」です。

 

この心の中の仕組みを理解していないと、表面的には「トレードで勝ちたいのにトレードで勝てない」という「問題」として出てくるだけなので、注意が必要です。

 

人間が表面的に直面している問題のほとんどは「ダミー」です。

 

本当に求めているモノ、真の目的はその奥にあります。

 

ここで注目すべきは、「自分Aくん」も「自分Bくん」も『自分が望んでいる状態まで自分自身を連れて行ってあげたい!』

 

という、気持ちは同じだということ。

 

ただ、方法が違うだけ。

 

ここで、その「同じ目的」を頭でわかっていると、トレードで勝つ、勝たないは別にして、どちらであっても自分が「ここ」を目指しているんだな!!!

 

という「自分の真の目的」が理解できます。

 

自分はこれを望んでいる人なんだな!!!

 

と、ある意味、「降参」することができます。

 

すると、まず、目の前の問題(トレードで勝てない)にとらわれることがなくなります。

この「同じ目的」がわからない状態だと、

 

ずっと「トレードで勝てない」、

「他の手法を試してみよう!」

「取り引き通貨を変えてみよう!」

「取引所を変えてみよう!」

 

みたいな感じで、かなり的外れな方向に悩み続けて、間違った努力を続けることになります。

 

自分の中で矛盾が起きているときは、
どちらも必ず「同じ目的」を目指しています。

 

これは心の仕組み(アクセルとブレーキの法則)なので、100%誰でもそうなります。

 

こう言ってしまうと身も蓋もないのですが、どっちでもいいんです(笑)

トレードで勝っても、勝たなくても。

 

目指しているところが同じなら、別にどっちでもいいじゃないですか(笑)

 

というより

「奥さんに関心を持ってもらう」という目的に対して、

「トレードで勝つ勝たない」よりも、

もっと大切なことがあるんじゃないか?

と、なった時に、

人生に劇的な変化が起きるのです。

 

表面的な「トレードで勝つ、勝たない」ではなくて、

「奥さんに関心を持ってもらう」という『真の目的』自体にフォーカスが向くと、方法はどちらでもよくなるし、もっと効率的な視点も見つかる。

そして、その状態になった時に

「トレードで勝つ、勝たない」で迷って分散していた「あなたの本来の力」が、「奥さんに関心を持ってもらう」という目的に一直線に使うことができるので、あなた本来の力、能力が発揮されやすくなるわけです。

 

「できる自分」はよくて、「できない自分」はダメ。

 

そういうことではないんです。

 

あなたの中にいるどんなあなたも

必ずあなた自身を幸せにしようとしてくれています。

 

まずはそういうスタンスで自分の心の中を見てみると

自分でも驚くような成果が出たりしますよ。

 

 

 - お金の心理学, サインツールで勝てるメンタル, メンタルトレーニング