*

仕事量を減らさないと、最終的に大きく稼げるようにはならない

      2017/04/18

昔、大げさではなく
1日18時間くらい
仕事していたころ

ある人にこう言われました。

「おれ、お前の20倍以上稼いでいるけど
お前の20倍仕事しているように見える?」

その人は、ある著名なファッションデザイナーで
年収2億を超えていました。

この人の問いは
稼げる稼げないという話だけではなく

「お前、人生をどのように生きるの?」
という深い意味での
問いかけでもありました。

というか
あったんだなあ……と
今になってわかります。

当時の僕は
自分で言うのもなんですが
超売れっ子のライターで
日本中で話題になるような
仕事にもかかわっていました。

やってることはデカかったのですが
じゃあ幸せかというと
まったくそうでもなく

心の奥底にずっと
変な焦燥感というか
寂しさというか
満たされなさというか

とにかく毎日ずっと
「なんだかなあ…」と
心の奥底で感じながら
忙しく仕事をしていました。

というか
仕事に逃げてたんですね。

仕事してれば
誰にも文句を言われないし
むしろ褒められるし
悪いことはありません。

だから
仕事って逃げ道になりやすいんですよね。

そして
自己弁護の道具にもなります。

「一生懸命、仕事してて
何が悪いんだ!」って。

これ、本末転倒の末期的症状です。

冒頭の質問は
そんな僕の状態に気づいたあの人が
「気づいた方がいいんじゃない?」という
意図で、投げかけられてものでした。

ようは、「何のために」ということ。

何のために仕事してるの?

という問いかけです。

なぜ、ほとんどの人が
お金が大好きで
お金のことばかり考えて
働く時間も長いのに
たいして稼げていないのか。。。

細かい事象をあげればいろいろ
あるのですが

そのすべてに共通するのは
自分の盲点に気づいていないこと。

視野が狭いとも言えますが
盲点に気づいていなくて
盲点の落とし穴にはまっているんです。

その盲点の材料になるのが
自分の信じてきた古い価値観や
常識、倫理、道徳、「当たり前」。

無意識のうちにこれらに縛られると
その範囲内でしか行動できなくなって
その枠外のことができなくなるので
常識的な、当たり前の結果しか
出せなくなるのです。

一生懸命仕事したら
結果なんて出て当たり前ですよね(笑)。

自分の枠外の人生を生きたい
もっと働く時間を減らして
もっと人生を楽しみながら
もっとお金も増やしたいなら

これまでの常識や価値観を
捨てて行動する必要があります。

これまでの自分の枠にとらわれて
行動している限り
今より働く時間を減らしながら
収入を大きく増やすのは
ほぼほぼ不可能です。

本を読んだり
セミナーに参加したり
片づけをしたり
効率を上げようとしたり。

これらが無意味ではないのですが
今までの自分の延長線上で
やっても結果に大きな違いは出ないので
その前に取り組むべきことがあります。

何に取り組めばいいのか知りたい方には、
初回カウンセリングでお伝えします。

【初回カウンセリング】
【90分/5000円】

セッション1回体験コース
[ビリーフチェンジ or ストレスクリア]

【90分/1万5000円(期間限定価格/通常2万5000円】
Follow your heart.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日本で唯一 FXトレーダー向けに
心理療法を提供し「勝ち続けるメンタル」を
身につける
【トレーダーメンタル養成コース】

☆☆☆ ご予約はこちら ☆☆☆

☆☆☆ 今はロング? ショート?
山根のトレード実況中継 ☆☆☆
http://yamane-mental-fx.hatenablog.com/

お金の不安を解消し
稼ぐ力を身につける

【メンタルコーチング コース】
☆☆☆ ご予約はこちらから ☆☆☆
山根 洋士(心理セラピスト/メンタルコーチ)
夢や目標を叶える
心理セラピー&メンタルコーチング
【YAMANE メンタルプロデュース】
東京都中央区日本橋人形町、茅場町、兜町
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 - 未分類