*

FXを「余裕資金で始めた方がいい」本当の理由

   

【余裕資金が及ぼす心理的影響とは】

小さい金額のトレードで小さく勝てない人は

大きな金額ではもちろん勝てません。

 

小さいお金から初めて

小さい利益をコツコツ積み重ねて

まずは安定して

勝てる(利益を出せる)ようになる。

 

そこができて初めて

投じるお金を徐々に増やしていくことで

大きく儲けることができるようになります。

 

なので

FXのトレードを始めるなら

小額からスタートするのが鉄則。

 

そして、そのお金は

練習代金として使ってもいい金額

これを増やしていくのではなく

最悪なくなってもいい

「余裕資金」で始めましょう。

 

「投資は余裕資金で…」と

よく言われていますが

なぜそうなのかについては

あまり知られていません。

 

なぜかというと答えは単純。

余裕資金で始めた方が

勝てる可能性が高くなるからです。

 

お金の余裕は

心の余裕につながります。

特に、株やFXなどのトレードでは

心の余裕がないと

間違いなく失敗します。

 

心に余裕があれば

チャートを見て、どこでエントリーすればいいのか

どこで損切りすべきなのか

どこで利確すべきなのか

要所要所で冷静な判断ができます。

 

心に余裕がない状態

すなわち余裕資金ではない

なけなしのお金でトレードすると

こうはいきません。

 

お金を失いたくないとお金を失う不思議

余裕資金ではないと

「絶対に負けたくない(お金を失いたくない)」という

マインドセットが無意識に形成されます。

 

こうなってしまうと

お金を失いたくないのでチャンスにエントリーできない。

含み損を抱えたら、お金を失いたくないので

なかなか損切できない。

少しでも利益を確保したいから

まだ伸びる可能性が高いポイントでも

自分の都合で早々に利確してしまう…

といった、判断ミスを犯しやすくなります。

 

余裕資金でないとトータルで勝てなくなる

FXのトレードは1回1回の

トレード結果はどうでもよくて

トータルで勝てるかどうかが

成否の分かれ目になります。

 

トータルで勝つというのは

たとえばプロ野球のペナントレースや

ようなイメージです。

 

1年間のリーグ戦で

どのチームの「勝率」が高いかを

競い合う対戦方式です。

 

1試合1試合は勝ったり負けたりしながらも

トータル(1シーズンで)

もっとも勝率が高いチームが優勝します。

 

FXのトレードも同じシステムのゲームになります。

トータルで勝つというのは

負けない(100%勝つ)という意味では

ありません。

 

1回1回のトレードは勝ったり負けたりするけれど

半年や1年間というトータルで利益を出す。

これがFXにおける「勝つ」という本当の意味です。

 

なので

トータルで勝とうと思うのなら

必ず負けも許容しなければならないのです。

 

「6割(以上)勝ち、4割(以下)負けたけど

それでもトータルで勝っている」

 

この状態が作れるようになると

トレードで利益をあげてお金を増やすことも

できるようになっています。

 

トレードというゲームの仕組みを理解しよう

「1回も負けない=勝つこと」だと思っている人は

トレードというゲームの仕組みを理解していないのと

同じなので、根本的に考え方を改めましょう。

 

そして

このゲームを、余裕資金ではない

なけなしのお金でするとどうなるか。

 

お金を失うのを恐れて

負けを許容できないので

トータルで勝つこともできません。

 

たとえば、トレードで7勝3敗と聞くと

7勝だけ欲しくなるのが人間の心理です。

しかし、トレードというゲームは

7勝を取るために3敗しないといけない。

トータルで勝つためには3敗が必要なのです。

 

言い方を変えると

3回はお金を失う覚悟を受け入れると

初めて7回の勝ちもついてきて

トータルで7勝3敗でお金が増えていくのです。

 

ビジネスで初期投資が必要なのと同じで

トレードで負けて失うお金も

初期投資、必要経費のようなもの。

 

ただし

トータルで(長期的に)勝てるルールが

あっての話ですけどね(笑)。

 

ルールがなくて

ただ負けているだけでは

お金をドブに捨てているようなものなので

ご注意ください( `ー´)ノ

 - サインツールで勝てるメンタル, トレード心理学