*

ローリスク・ローリターンはこの世の原理原則

   

一般常識は無視、世界の原理原則は順守

株やFXのトレードなど

相場の世界で

一般常識が通用しないのは

常々言及していますよね。

 

一般常識はトレードをしていく上で

邪魔にしかならないので無視で

構わないのですが

 

逆に、この世の仕組みというか

原理原則みたいなものは

トレードをしていく上でも

意識しておくべきです。

 

たとえば、フィボナッチ数列は

その最たるもので

自然界から人工物まで当てはまる

その規則性が、相場の世界にも

当てはります。

 

その他いろいろありますが

FXトレードを続けていく上で

しっかり腑に落としておきたいのが

『ローリスク・ローリターン』

『ハイリスク・ハイリターン』

 

【ローかハイか、どちらが良い悪いではない】

ここでローリスク&リターンがよくて

ハイリスク&リターンがよいとか…

そういう話ではありません。

 

「大金を失うから危ない…」

トレードに対して、そういう

間違ったイメージを持っている人は

そもそも投資の本質がわかっていません。

 

何が間違っているのかというと

大金を失ったのは大金を投じたからであって

少額を投じていれば、損失が出ても少額で済むのです。

 

当たり前ですよね(笑)。

 

危ないのはトレードにいきなり大金を

つぎ込む行動であって

トレードそのものではありません。

 

お金を大きく増やせるのもトレードの魅力ですが

大きく増やすだけがトレードではありません。

 

毎月、1万円、2万円をコツコツ増やしていけるのも

立派なトレードですし、それができるなら

かなり優秀なトレーダーです。

 

ローリスク・ハイリターンは相場の素人

トレードには

ハイリスク・ハイリターンか

ローリスク・ローリターン

この2パターンしかありません。

 

トレードを知らない人、

トレードでお金を増やせない人は

ローリスク・ハイリターンを

求めている傾向があります。

 

山根のトレードメンタルコーチ契約では

少ない金額でのトレードから始めることを

オススメしています。

 

この時の反応で

その後、順調に勝てるようになるか

勝てずに心を入れ替えるようになるか

どちらのタイプか見分けがつきます。

 

後者のタイプの人は

「儲かっても100円、200円では

意味がない」と言います。

 

意味がないわけないですよね(笑)。

 

トレード、特にFXはレバレッジが効くので

たとえ少額でも勝ち続けられるようになったら

あとはロット数を増やせば、無制限に

お金が増えていきます。

 

だからこそ、急がば回れが大切で

最初に、どんなに少額でも

勝てるメンタルと技術を身につけておく。

 

長期的に勝ち続けられるようになるための

土台作りというか、畑づくりというか。

 

その辺が、大切なのです。

 

ちなみに…

少ない金額の利益をバカにする人は

誘惑に負けて大きな金額をかけて

大きな金額を失います。

 

それで負けてショックを受けるというのは

儲ける方(ハイリターン)ばかり見ていて

損失を出す(ハイリスク)の覚悟がない。

 

つまり、ハイリスク・ハイリターンを

わかっていなくて、

ローリスク・ハイリターンを

無意識に求めてしまっているわけです。

 

大切なことなので何回も繰り返しますが

投資の方法はふたつしかありません。

 

コツコツと小さなお金を積み上げていくか

リスクをとって大きなお金をつぎ込むか。

 

決して

ハイリスク・ハイリターンがダメと

言っているわけではありません。

 

大金を持っていて

大金を失う覚悟がある人は

大きなお金でトレードすればいいでしょう。

 

ただし、大金を持っている人

特に投資で資産を増やした人は

大金を持てるようになる過程で

「利率」とリスクいう考え方が

身に沁みついているので

大金を持っていても無意識的に

ローリスク・ローリターンの投資を

するクセがついています。

 

FXを始めたい(すでに始めている)けど

100円、1000円の儲けでは意味がない。

 

そう思ってしまう人は

今一度、利率とリスクという

勝てるトレーダーの思考回路を

勉強する必要がありますね。

 - お金の心理学, トレード心理学