*

ネガティブを力に変えてるとヤバい理由

      2018/02/24

仕事に家事に育児に

頑張っている人に限って

やってしまっている

ネガティブを力に変えるという

心の使い方。

 

これ、結構まずいです。

 

スポーツみたいに次の

オリンピックまで…とか

次の大会に向けて…

みたいな期間限定と決めて

使うならそれほど大きな問題は

ないのですが

 

ネガティブを力に変えることを

期間を決めずにいつもやってたり

無意識にクセになっていると

結構やばいです。

 

なんでか。。。

 

ネガティブを力に変えるというのは

何か嫌なことに対する心の「反発力」を

使っているわけで

 

そもそも自発的な心の力で

動いてるわけでない。

 

自発的な心の力というのは

 

これが好き

これが楽しい

これが面白い

これが心地よい…

 

みたいなやつね。

 

そうではなくて

嫌なことに対する反発で

動くくせがついてしまうと

自発で動く機会が少なくなって

自発力を忘れてしまいます。

 

これが長年にわたって

積み重なると

自発で動く「力」がなくなると同時に

 

なんとも恐ろしいことに

自分が動くためには反発力が必要で、

より大きく、より強く動くために、

より大きなネガティブを求めるように

なってしまうのです。

 

どんな世界を生きたいかは

その人次第なので

仕事で結果が出せれば

山も谷も上等

波乱万丈待ってました…

 

という生き方を望むなら

それもありですが

 

そっちは望んでないのに

人生でだんだん山が大きく

谷が深くなってきていたりしてる

感じのある人は注意した方が

いいですね( `ー´)ノ

 

 - ストレスクリア, トレード心理学, ビリーフチェンジ