*

勝てない人が心理的に向き合うべきポイント

   

マーケットの魔術師(青本)の

エド・スィコータのページを

また読み返してました。

 

 

もう何回目になるかわからないくらい読み返しているのに、読めば読むほど、その深みに引き込まれるし、読めば読んだ分だけ新しい発見もあります。

 

エドの名言。

 

「人はトレードで欲しいものを手に入れている」

 

↑この人(らしいw)

 

この言葉がやまねを心理学の道へと導きました。

 

そして、日々トレードの相談を受けてきて

もう答えはこれしかないなというとこまで

最近、研ぎ澄まされてきました。

 

それは何かというと

 

トレードで勝てない人は

 

「勝って大金を稼いでしまうことにデメリットがある」

「負けてお金を失うことにメリットがある」

 

この2点。

 

まさか、そんなはずないよと思うでしょ(笑)?

 

でも、これ不思議なことにそうなんです。

 

勝った時のデメリットと負けた時のメリット。

 

この2点をセッションで徹底的に深掘りして

 

「あー、自分ってこんなこと思ってたんだ」レベルの無意識の声が聞こえてくると、次の日からトレードが変わって、何も変えてないのに(自分では変えてない気がするのに)、トレード結果が変化したりすることが、珍しくありません。

 

メンタルトレーニングのセッションを受けられたら、解決も早いですけど、まだ受けるタイミングじゃない人は、ノートに書きだすだけでもいいので、ぜひやってみてください。

 

「勝って大金を稼いだ時のデメリット」

「負けてお金を失っている時のメリット」

 

この2点っすよ( `ー´)ノ

 

絶対にありますから(笑)

 

 

 - お金の心理学, トレード心理学