*

山根 洋士 プロフィール

      2017/04/17

山根 洋士(やまね ひろし)

心理セラピスト/メンタルコーチ/ YAMANE Mental Produce代表

1970年生まれ。早稲田大学中退後、大手出版社勤務を経てノンフィクションライターとして独立。数多くの経営者やプロスポーツ選手、芸能人等を取材。また、コピーライターとしてサッカー日本代表、Jリーグチーム、プロ野球球団、日本水泳連盟などの広報宣伝、広報誌制作などにも携わる。

取材で知り合った経営者、プロスポーツ選手、タレントなどから個人的に仕事やプライベートの悩み事などを相談されることも多く、経営者のブランディングやスポーツ選手のメンタル面、タレントが自分の魅力を発揮するためのプロデュースなども手掛ける。

心理学系の取材で身につけたプラス思考が奏功し、仕事では華々しい業績をあげていた一方で、心と身体は無意識レベルに押し込んだストレスやプレッシャーによって着実に蝕まれていく。プライベートでは、一千万円以上の年収がありながらも年収を超える額の浪費や散財に走り、平均睡眠時間3~4時間の生活を4年続けた結果、36歳で過労死寸前まで追い込まれて入院生活に。

九死に一生を得て「自分は何のために生かされているのか」を考え始めるも、答えは簡単に見つからず。何かをやる時のための資金準備の一環で、FXトレーダーに転身。多額の資金を短期間に動かすストレスから自身のメンタルコントロールや心理面における問題解決の必要性を実感し、本格的に心理学を学び始める。

トレーダーとしての問題解決のために参加した『ビリーフチェンジ』のオープンカウンセリングで、悩みを抱えた参加者が日を追うごとに明るく幸せそうに変化していく様子を見てセラピストという仕事の素晴らしさに目覚め、また自分自身も抱えていた問題がわずか3カ月で解消し、『ビリーフチェンジ』の強力な効果を体感。トレーダーから心理セラピストへの転身を決意。

現在は、東京(日本橋、築地、人形町)、愛媛(松山)を中心に、個人カウンセリングやワークショップの提供を行っている。

主なクライアントは、FXトレーダー、婚活中の男女、サロン経営者、セラピスト、コーチ、カウンセラー、高額商品を販売する営業マンなど。

得意分野は、お金についての心理的問題の解決、緊張を強いられる場面(多額のトレード、クライアントとの初回面談、マラソンやゴルフなどのスポーツ、就活、転職面接、プレゼン等)でのパフォーマンス向上、恋愛や婚活で自信を持てる自分になる自己重要感アップ、異性(男性、女性)恐怖症、過剰な緊張感の解消など

<(社)日本プロセラピスト養成協会/プロセラピスト養成講座 東京14 期修了>

 - プロフィール